「よく思われたい。」そこにある、本当の思いは・・・。

うまくやりたい。

波風立てないように
上手に立ち振る舞いたい。

それは

なぜ?

自分を傷つけても
我慢させても

守りたいものは

なんなのでしょう。

自分を守っているように思っているなら
真逆です。

自分を傷つけ
ダメ出ししまくっている状態ですよ。

私は
何を

守りたいんだろう?

と、
自分に問いかけてみるといいですよ。

—————————————————
最新情報、先行予約などなどLINEで配信しています♪
友だち追加
追加できない方は直接ID検索→@202rktzm
LINEからもセッション予約・お問合せいただけます!

💗ハートリンクセッション®️
🍏ハートリンクアカデミーオンライン講座
🐶わんごはん講座各種/犬のからだを学ぼう♪
🎀イベント情報★
——————————————-
———–

まっすぐに見つめてみよう、
自分の本音を。

社会人として
大人として

問題なく
生きることは

波風立てないこと。

 

そのためなら
自分の本音は
出さないのが当たり前。

 

一般的には
そうなのかもしれませんね。

(”一般”とか”世間”とかって
実態ないけどね。
なんやそれ!って突っ込みたいけどw)

 

だからみんな
外では自分をおさえて
ためこんで


家で、とか
友達と、とか

愛犬を溺愛して、とかで

ストレス発散するんでしょ。

 

私も以前は、
そうでした。

 

・・・・多分。(;´∀`)
(いや。あんまりそうじゃなかったかもしれないwww
私は昔から、
自分の本音は守り通す子でした。
たとえヤンキー相手でも
体罰教師相手でも
本気でブチギレてたしw)

 

いやいや
それはさておき(笑)
わたしなりには、
空気読んでるつもりで
合わせてるつもりで
生きてたんですよ。

できてなかったかもしれないけどw
とりあえず
私の話は置いといて(笑)

 

それ、
もしいまも

当たり前に
無意識に

程度の大小問わずにね
やってるとしたら。

 

私は何を守りたいの?

って聞いてみてください
自分に。

 

もしくは
私は
そうしないと

どうなると思っているの?
なにが怖いの?

って。

 

そこに、


あなたが
頑張っても頑張っても
どうしても
なんだかうまくいかないような

スパークし切れていないような
不足感
停滞感

うっすらとした
心のもやもやの

原因が

隠れています。

 

 

 

愛犬はお見通し。
あなた自身が気づく前に、とっくにすべてを見ています。

問題を起こさないように
波風立てないようにって

自分以外の
外側に対して、ですよね。

 

当の自分は
波風どころか

暴風雨にさらされてるかのごとく
傷付き
痛めつけられています。

 

もはやその感覚さえない、
ということです。

 

こわいでしょ。

エネルギー漏れどころじゃない。

自分空っぽ状態。

 

これは本当に
やってみてほしい。

 

そうすることで、
周りに合わせることで、
波風を立てないように振る舞うことで、

 

 

「わたしは

何を、守りたいの?」

 

「わたしは

何を恐れいているの?」

 

と、
自分に問いかけてみてください。

興味を向けてあげてください。

 

すぐに出てこなくても大丈夫。

 

本当に「知りたい」と
思いを向けていれば

ふとしたときに

気づくから。

 

今まで
我慢させて

封印して

ほったらかしてきた

自分自身が

 

震えるほど
喜ぶはずです。

 

そうしたら
何かが、自分の中で

動き出す感覚が
あるかもしれないね(*´∀`)

 

 

愛犬は、あなたのその姿を
ずっと、まっすぐに見ています。
見せてあげよう、まっすぐ生きる自分を。

 

 

 
🌟募集中🌟
 
 
 
 

♪獣医師監修・わんごはん入門講座開催中♪
オンライン講座なので、どこからでもご参加可能です。
テキストもあり、はじめの一歩におすすめです。
ドッグフードの方にも、役立つ知識がたくさん!
食事でできる健康生活の可能性をのぞいてみてください♪

 
【ハートリンクアカデミー新講座募集開始!】
すでにここにある豊かな世界への入り口。
全国どこからでもご参加可能・オンライン講座♪
ペットとハートがリンクする体験と実感を★
くわしくはこちら♪

LINE公式アカウントはじめました♪
友だち追加
LINEからもセッション予約できます。

●ハートリンクセッション受付中●
ハートリンクセッション®️を受付中です♬
家族の動物の本当の心の声に一緒に耳を傾け、そこに映し出されるご自身の想いを見つめてみませんか?
対面・遠隔&電話のどちらでもOKです。
想いを通わせて、共に成長し合える、すぐそこに確かにある豊かな世界をぜひ体感してみてください。